ハノイから香港まで陸路で

2019年のGW、まさに時代は令和へと移り変わった日に、日本出発しベトナム ハノイ

から香港まで鉄道を使い行ってきました

5月1日新天皇即位の日、中部国際空港からキャセイパシフィックで香港へ、

トランジットで香港航空を利用ハノイ

 

f:id:YASU1964:20190512085159j:plain

ベトナムハノイのノンバイ空港に到着、空港を出て左側の端っこの86番バス乗り場へ

行きロンビエン(Long Bien)まで30,000VND、夕方で渋滞するかと思ったが30分程で

到着

 

f:id:YASU1964:20190512085905j:plain

 

f:id:YASU1964:20190512090032j:plain

ロンビエンから歩いて旧市街へ

今日の宿「SINCERITY GUEST HOUSE」へチェックイン

 

f:id:YASU1964:20190512091202j:plain

夜は近くのドンキンギアトゥック広場周辺をビール片手にぶらぶらと

f:id:YASU1964:20190512091537j:plain

屋台で夕食ベトナムのフォー

 

f:id:YASU1964:20190512091820j:plain

翌日はハロン湾に行く予定だったが、失敗をしてしまった

ハロン湾までは列車で行こうと計画、市街地から離れたイエンビエン(Yên Viên)駅を

朝5時出発し7時間ほどかかる為あきらめて、ハイフォンまで列車で行バスでハロン湾

を目指すことに。

ハイフォン行はロンビエンの駅から出ているらしい、朝5時半にロンビエンの駅へ

ハノイ発の6時の列車に乗る予定

f:id:YASU1964:20190512100600j:plain

ロンビエン駅

窓口が開き「ハイフォンまで1枚」と頼むと9:20と言ってきた

何と6時の列車は「ロンビエン駅は停車しない」とのことだ。昨夜ビールなど飲まずに

しっかり調べておくべきだった

今からハノイ駅に行っても間に合わないし、9:20の列車では今日中に帰ってこれない

バスで行くしかないと思い、調べてみるとミンダイン(My Dinh)と言うバスターミナル

から出ているらしい。タクシーを拾いバスターミナルへ渋滞にはまり到着

 

f:id:YASU1964:20190512102830j:plain

 

f:id:YASU1964:20190512102738j:plain

ハロン湾のバイチャイ(Bai Chay)まで120,000VND VIPと表示があるが何がVIP

なのか疑問である。

8時のバスに乗り到着は12時、何とバイチャイまで4時間である

バスでうとうとしてしまい乗り越して隣町のホンガイまで行ってしまった

バスを降りて近くにいたバイタクに声掛けバイチャイの埠頭まで

80,000VNDで交渉

f:id:YASU1964:20190512103918j:plain

バイタクの後ろに乗りバイチャイ橋を渡り目的地へ、レインボーブリッジを

ファミリーバイクで2人乗りしてるようなものだ

バイクを降りハロン湾観光の船乗場を探すが見当たらない。近くにいた別のバイタクに

聞くと「ここじゃない」と。地球の歩き方15-16に載っている場所は古いのか?

トゥアンチャウ島の乗船場に連れていかれた

f:id:YASU1964:20190512105724j:plain

チケットカウンターに行き3時間観光コースを買う。13時出航だそうだ。

地球の歩き方に帰りのバスの最終17時と書いてある、バイチャイのバスターミナル

まで2、30分程度、

16時に戻ってこれれば間に合いそうだ。

しかし13時になっても一向に出航しない、「出発は?」と聞くと、「人数が集まらない

から出航しない」、「出航したいならエンジンフィー500,000VND払え」と信じられな

いことを言い出した。当然払わない!どうやら15人集めないと出航しないらしい。

隣で日本人のツアーが船に乗っていくのを横目に待つこと1時間15分、ベトナム人観光

客を集め14:15ようやく出航

f:id:YASU1964:20190512111224j:plain

トゥアンチャウハーバー

 

f:id:YASU1964:20190512111302j:plain

f:id:YASU1964:20190512111339j:plain

帰りのバスに間に合わなければハロン湾(バイチャイ)で一泊しなければならない

色々調べたらハノイ行のバス17:30との情報アリ賭けるしかない、ハーバーに戻って

きたのは17:10走ってタクシー乗場へ、バスターミナルまで「150,000VNDだ」と、

交渉している余裕はない、いいからとにかく急げと

走っていると運ちゃんが「あれだ!あれだ!」と反対車線に停車しているバスを指さし

た。まずい!ウインカーを出して出発するところだ、もうUターンしてる余裕はない

運ちゃんが片側3車線のセンターラインに停車して「ここで降りろ」と、お金を助手席

に投げて道のど真ん中で下車、車の間を抜けてバスに手を振る。何とか乗車できた

帰りも4時間かけハノイまでなぜか100,000VND、無事到着

f:id:YASU1964:20190512113237j:plain

生春巻き+ビールで夕食

翌朝ホアンキエム湖を一周し市内観光へ

 

f:id:YASU1964:20190512113426j:plain

ハノイ駅から北に向かった場所 インスタ映えする場所らしい

列車は昼間はほとんど隣のロンビエン駅から出発している

ホーチミン廟⇒タンロン遺跡⇒軍事歴史博物館⇒ホアロー収容所と観光

 

f:id:YASU1964:20190512114913j:plain

ベトナム焼きそば、生春巻き、ハノイビールで昼食

f:id:YASU1964:20190512115135j:plain

旧市街のタービエン通り、観光客でにぎわっている

夕方マッサージをしてGHでシャワーを借りてバイタク(70,000VND)で

ザーラム(Gia Lam)駅に向かう

f:id:YASU1964:20190512121651j:plain

f:id:YASU1964:20190512121732j:plain

ザーラム駅周辺

f:id:YASU1964:20190512122029j:plain

T8702/MR2/MR2列車

ベトナムハノイのザーラム駅(21:20発)、中国広西チワン族自治区の南寧駅

(翌10:10着)を結ぶ中国鉄路総公司が運航する国際列車です。

列車は満席です。インターネットで予約して正解

途中ベトナムのドンダン(Dong Dang) 駅でベトナム出国し中国の憑祥(Pingxiang )

駅で中国入国となる

f:id:YASU1964:20190512123125j:plain

軟臥車 (1等寝台車)私は下段の右側です

列車は定刻に出発。時速60km程度でゆっくり走る。

ハノイで買ったウイスキーを飲みながらうとうとしていると夜中の1時にドアをノック

される。ドンダンの駅である。先日米朝会議で金正恩ベトナムに着いたのがこの駅で

ある。パスポート、荷物を持って下車。イミグレの窓口は2か所しかなく約1時間半かけ

て出国

 

f:id:YASU1964:20190512123958j:plain

ドンダン駅のイミグレ

再び列車に乗り30分程走り憑祥駅に到着

なぜか一緒の部屋にいたロシア人が乗っていない、何かトラブルか

再びパスポート、荷物を持って下車。イミグレへ行き入国

夜中に実にめんどくさい

 

f:id:YASU1964:20190512124534j:plain


f:id:YASU1964:20190512124331j:plain

憑祥駅 ホーム、イミグレ

結局入出国で5時間停車して朝6時に出発した。

朝10時過ぎに南寧駅に到着

 

f:id:YASU1964:20190512174815j:plain

f:id:YASU1964:20190512174838j:plain

南寧駅


まずは広州までの列車のチケット確保、駅に入り窓口で予約番号とパスポートを提示し

切符と交換、手荷物を預ける。

 

f:id:YASU1964:20190512175731j:plain

駅の左手、行季寄存と書いてある場所が手荷物預かりだ。

両替して地下鉄へとりあえず南湖に行ってみよう

 

f:id:YASU1964:20190512182900j:plain

南湖公園から徒歩で青秀山へ行き観光

f:id:YASU1964:20190512183752j:plain

南寧駅に戻り食事

麻婆飯
漓泉ビール

f:id:YASU1964:20190512183939j:plain

昆明から広州行の列車だ

K366 南寧20:30発 今回は食堂車もついている

f:id:YASU1964:20190512184417j:plain

 

f:id:YASU1964:20190512184840j:plain

中国の列車だから当たり前だがハノイからの列車と同じ作りだ

隣は小さな子供連れのお母さんだ

約12時間後広州駅に到着。

 

f:id:YASU1964:20190512185351j:plain

広州はこの駅と東駅、南駅3か所大きい駅がある

香港までは高速鉄道で行こう。高速鉄道は南駅。南駅までは地下鉄2号線で行ける

広州南駅の窓口で高速鉄道の切符を買うがすごい行列。1時間ほど並ばされてようやく

切符を手に入れる。さすが中国。パスポートを見せホームへ、あれ?香港へ行くには

出国しなくてはいけないのでは?イミグレのような場所は見当たらない、

列車の中なのか?

f:id:YASU1964:20190512190300j:plain

 

f:id:YASU1964:20190512190332j:plain

1時間程度で快適に香港に到着。

高速鉄道はほとんど日本の新幹線の真似をしている。形はそっくりシートも3列、2列

と同じである。列車を降りてイミグレここ香港で中国出国のスタンプを押される。

しばらく歩くとまたイミグレなるほどここで香港入国だ。

ベトナム ハノイから香港まで約1,200km鉄道で移動でした

f:id:YASU1964:20190512191424j:plain

飲茶で贅沢

おしまい

タイツーリング カンチャナプリからサンクラブリに行ってきた

2019年1月連休を使って今回は一人タイへツーリングに行ってきました

セントレアからJL737でバンコクスワンナプーム

エアポートリンクに乗り換えパヤタイへ行き、タクシーを捕まえ「サーイタイマイ」と言い南バスターミナルを目指しました。夕方の渋滞にはまり1時間程度だがメーターで行ってくれて180TB

急いで3階のチケット売り場へ行くとカンチャナブリ行は下で買えといわれ、1階のバス停へ向かうと外にテーブルを構えたおばちゃんに「カンチャナプリ」と言うとチケット(確か120TBだったか)をくれバスを指さした。

渋滞もありカンチャナプリに到着は20時半 近くにいたモーターサイ(バイクタクシー)の後ろに乗りメーナムクワエ通りへ、以前宿泊したブルースターゲストハウスに宿泊

 

f:id:YASU1964:20190414092917p:plain

チェックイン後近くの屋台で食事

翌朝近くのバイクレンタル屋さんへ大型バイクはスクータータイプしか見当たらない

やっぱりギヤ付きバイクに乗りたい2件ほど探したが OK BIKE RENTALにホンダの

CB150Rと中国製のバイクを見つける。迷わずCB150Rに決めた。

パスポートのテポジットなし写真を撮り終わり出発

 

f:id:YASU1964:20190415124110p:plain

 

www.bluestar-guesthouse.com

 OK BIKE RENTAL

今回のルートはカンチャナプリからミャンマーとの国境の町スリーバゴダ、モン族の町

サンクラブリまで1泊2日、片道約230Kmのツーリング

 

 

f:id:YASU1964:20190414093344p:plain

 

一人旅、事故けがをすれば大変だ安全運転で行こう。サンクラブリまでは1本道

323号線をひたすら北上すればよい。今回のルートは戦時中日本軍が連合軍の捕虜を使い建設したと言う泰麺鉄道とほぼ同じルート、ミャンマー国境までたどってみたい

 

f:id:YASU1964:20190414104814p:plain

途中タイガーテンプルに寄るも虎がいないから休業中とのこと

代わりにガチョウ?の写真を撮り再出発

 

f:id:YASU1964:20190414120922p:plain

バイクも150CCと馬鹿にできないスロットル吹かせばあっと言う間に100Km/h出てしまう。150Km走ったトンパプムと言う場所で三差路に分かれている。まっすぐ行くと

ミャンマーの国境の町ピローク村だ。ここにも寄りたかったが今回は時間がない

三差路を右折ここからは山道だ。150CCのバイクではトルクがないシフトダウンして

30分程走るとカオレム国立公園に、湖を左手に進むと又三差路、これを右折すると

スリーバゴタパス、ミャンマーとのボーダーがある。宿探しの為、サンクラブリへ

お昼過ぎに到着、数件ゲストハウスを廻りスターライトリゾートに決めた600TB/泊

荷物を置きバイクでサンクラブリの町で遅い昼食を食べ、来た道を戻り

スリーバゴタパスへ向かう。

f:id:YASU1964:20190414111916j:plain

バゴダとは仏塔のことで三つ並んでいるからスリーバゴダというらしい

バゴダの裏はイミグレでその向こうはミャンマーである。

ここにはイミグレがありミャンマーのパヤトンズへ行けるが残念なことに日本人には

開放していない為、国境は渡れない

ボーダー沿いの土産物屋を歩いていると土産物屋の壁の穴から100バーツと声をかけ

られる。ここをくぐってきたら100バーツでバイクに乗せてパヤトンズの町を

案内してくれるそうだ。不法入国ではないか?

f:id:YASU1964:20190414112434p:plain

ところどころに泰麺鉄道の線路が残されている

ミャンマー、タイ、日本の古い鉄道1942と書かれている

 

f:id:YASU1964:20190414112844j:plain

寺院が建てられている。たくさんの日本兵も命を落としたのだろう

再びバイクを走らせサンクラブリへGHにバイクを置き歩いて観光地のモンブリッジへ

 

f:id:YASU1964:20190414114753j:plain

モンブリッジはカオレム湖に架けられた巨大な木造橋です。橋の向こう側はモン族の

村となっています。カオレム湖はダム湖で人口の湖で、泰麺鉄道も昔の町、寺院も

湖の底に眠っています。水位が下がると建物が水面から顔を出すそうです

 

f:id:YASU1964:20190414115720p:plain

GHの前にて

翌日早朝にGH出発、セブンイレブンで朝食、途中カオレム湖沿いのポンピーという

キャンプ場で休憩

f:id:YASU1964:20190414120258p:plain

ひたすら 323号線を戻り、サイヨーク国立公園へ

入口でお金を払い公園へ、公園内には旧日本軍の戦跡や鉄道の跡も残っている

場所もある

f:id:YASU1964:20190414121407j:plain

サイヨークヤイの滝

この近くには泰麺鉄道建設で大量の死者を出したヘルファイヤーパスという場所

もあるが以前行っている為今回は時間の問題で省略する

 

f:id:YASU1964:20190414121508j:plain

 泰麺鉄道(現在のナムトック線)のアルヒル桟橋に行き列車を見る為、終着駅の

ナムトックで列車の時刻を確認して行こう。サイヨークノイの滝を超え323号線を

左折しナムトック駅へ。

 

f:id:YASU1964:20190414171534j:plain

f:id:YASU1964:20190414171611j:plain

ちょうど折り返しの列車が来る時間だ、何とか先回りして行こう

急いで323号線に戻りマヒドン大学を右折ワンポーの駅を左折しタムカセ駅へ

ここからアルヒル桟橋を渡る列車を見ることができる。列車より早く到着、時間まで

昼食を食べ列車を待つ

 

f:id:YASU1964:20190414172710j:plain

 

 

 

f:id:YASU1964:20190414172751j:plain

 

 

f:id:YASU1964:20190414172818j:plain

 列車を見送った後、323号線ではなく裏道を通りカンチャナプリへ向かう

カンチャナプリの近くに巨大な合歓の木に寄る。

日立のコマーシャルに出てる木と思ったが違うようだ

 

f:id:YASU1964:20190414174216j:plain

 

f:id:YASU1964:20190414174452j:plain

映画の戦場に架ける橋のモデルになった鉄橋。隣に博物館がありそこに昔の橋がある

バイク屋さんに無事バイク返却。ブルースターGHに顔を出すと部屋が空いているた為

宿泊、50TBおまけしてくれました。

夜はセブンイレブンでビールを買い、近くの屋台で焼き鳥

 

f:id:YASU1964:20190414175029j:plain

翌朝近くのモータサイを拾い駅まで

トンブリ行の列車に乗りバンコク

f:id:YASU1964:20190414175534j:plain

途中泰麺鉄道の起点となったナンプラドック

の駅で20分停車、泰麺鉄道の起点の石碑を発見

f:id:YASU1964:20190414175655j:plain

無事バンコクに戻り帰国

おしまい

タイツーリング パタヤからチャーン島へ行ってきた③

チャンタブリの海岸線を西へ走り橋を2つ渡った所に、おしゃれなリゾートホテルを

発見、、ホテルの人に手招きされ交渉すると、1,000TB/人(朝食付)

夕暮れ時なので宿泊することに決めました。

チャオラオビーチ地いう場所らしい

Chaolao Forest Beach Resort

f:id:YASU1964:20190401205008j:plain

 

f:id:YASU1964:20190401211251j:plain

ホテルにチェックイン後、Y氏と共にCTX700に跨りビール買い出しにセブンイレブン

アメリカン部隊の出動である。なんせ両手にビールを持つ為シーシーバーの付いた

アメリカンでないと危険である。セブンイレブンでLEOビール買い占め冷蔵庫へ

Y氏とは前回チェンマイのバイクツーリングで一緒であった前回もレブル250アメリカン

に乗っていた。よく知らないが広報のような仕事をしてるようだ

f:id:YASU1964:20190401210052j:plain

夕食はホテルの前のオープンレストラン LEOで乾杯!!

夕日がきれいで疲れが取れます

f:id:YASU1964:20190401210539j:plain

夕食後ホテルで宴会し9時頃には就寝

ホテルの前にピ〇チュー??↓↓

f:id:YASU1964:20190401210731j:plain

         ↓↓ゴムゴムの~かな?

f:id:YASU1964:20190401210910j:plain

     ↓↓何だっけ?????????偽ものは中国だけではない

f:id:YASU1964:20190401211035j:plain

朝9時半出発!!

4036号線を海岸沿いに西へ

f:id:YASU1964:20190401211403j:plain

 

 

f:id:YASU1964:20190401212422j:plain

 途中 HTMS Prasae (PF 2) Memorialに寄りました

 「この船は哨戒フリゲート艦で、第二次大戦中にアメリカで就役、1945年に退役後

ソ連に渡り、その後横須賀で再就役、1951年に退役、タイ海軍に譲渡され2000年に

ドック入りから記念館として現在の地に置かれました」そうです

ganref.jp

f:id:YASU1964:20190401212542j:plain

近くにマングローブもありました

西に向かって移動

ツーリング3日目3145号線を海岸線に沿って西へ、左手にきれいなビーチを眺めながら

移動、やがてサメット島が見えてきた。
今日はツーリングを切り上げサメット島に渡ろう。
埠頭の近くのRelax Innというレストランを併設しているゲストハウスに入り600TB/人を500TBに値切る。なかなか感じのいいゲストハウス
最近ゲストハウスの名前が変わったようだ。欧米人のオーナーがしきりにどうしてここに来たのか聞いてくる。

 

f:id:YASU1964:20190413162645j:plain

早速着替え近くの埠頭へ歩いていく バンコクからバスで来るとバーンペー埠頭から船らしいが今回はGHの近くのヌアンティップ埠頭から船に乗る。
チケット売り場で行はスピードボートでサメット島

f:id:YASU1964:20190413163442j:plain

今回同行した最後のメンバーM氏、疲れ切った顔をしてへたり込んでいる
旅行中常にタイの女に電話をかけていた。何やら日本へ物を運ぶとか運ばないとか
まったくもって怪しい男である。
船はどうやら埠頭にはいかず、サイケオビーチで降ろされるようだ
遅い昼食を食べ、ビーチで海水浴

f:id:YASU1964:20190413163819j:plain 

サイケオビーチ
サメット島ナダン埠頭の鬼の顔した人魚

f:id:YASU1964:20190413165224j:plain

 帰りは埠頭からスローボートでヌアンティップ埠頭へ
セブンイレブンへビールを買いにところが明日選挙があり、今夜から明日夕方までお酒はNGだそうだ。残念今夜はお酒なしだ!!と思ったけど
近くの海鮮レストランでビール出してもらえました

 

f:id:YASU1964:20190413164439j:plain

埠頭のトイレ このトイレの看板で女性は入りませんよね
翌日3号線でパタヤ

 

f:id:YASU1964:20190413171532j:plain


無事戻りバイク返却、無事パスポートも戻ってきました
トータル3泊4日 走行距離607Kmのツーリングでした
お疲れ様!!おわり

タイツーリング パタヤからチャーン島へ行ってきた②

エンジンをかけたとたんフューエルランプ点滅、パタヤを出発してすぐガソリン補給。

基本的にタイのレンタカーは日本と違いガソリンは借りたとき空っぽです。

もちろん満タン返しもありません。

ガソリンは91(レギュラー)と95(ハイオク)がありもちろん95を補給

f:id:YASU1964:20190330224043j:plain

3号線を南下して1003号線を左折してカオシーチャン大仏壁画で最初の休憩

f:id:YASU1964:20190330224452j:plain

1003号線から3376号線に入り再び3号線を左折

ラヨーンの市内を通過かなり混雑している、市内を抜け少し走るとガソリンスタンドが

そこでで休憩、タイのガソリンスタンドはコンビニやコーヒーショップが併設され日本

ドライブインのような場所です

f:id:YASU1964:20190330225219j:plain

タイではAMAZONというコーヒーショップが併設されています

f:id:YASU1964:20190330225304j:plain

CB650 Z800×2 CTX700

ちなみに某商社の支社長O氏は今年還暦でZ800を借りています。2年ほど前に中型免許

を取得??800cc??軽く乗りこなすという強者だ!!

f:id:YASU1964:20190330230750j:plain

3号線をひたすら走り午後にはチャンタブリに到着 

ホームセンターのキッチンプラスで昼食休憩

休憩後3号線を走り、トラートの手前で右折し3156号線へ15時過ぎにはナチュラルベイ

埠頭に到着、フェリーのチケット(人+バイクで170TB/台)を支払うと

フェリーのおじさんが早く乗れと手招き慌ててバイクに乗って駆け込み・・・

フェリーはすでに動きかけてる!!日本では考えられない

f:id:YASU1964:20190330231815j:plain

少しづつ動き出している

f:id:YASU1964:20190330231716j:plain

 

f:id:YASU1964:20190330232010j:plain

 フェリーから見たナチュラルベイ埠頭とバイク

 

f:id:YASU1964:20190330232148j:plain

船の向こうに見えるのはチャーン島!!

フェリーは、ほとんど現地人と欧米人です

 

f:id:YASU1964:20190331101113j:plain

 チャーン島に上陸、WELCOME TO KOH CHANGの看板がお出迎え

 

f:id:YASU1964:20190331101721p:plain

 

チャーン島のバンバオへ向けて出発、バンバオはマーク島、クート島へのフェリーが出ている港町チャーン島の奥のほうにあります
バンバオには夕暮れに間に合い到着
本日の宿探し半島の方へ向かうといい感じの宿を見つけ交渉
クリフコテージ 880TB/人

 

f:id:YASU1964:20190331102747j:plain

 真ん中は私の部屋

f:id:YASU1964:20190331173137j:plain

 海の見えるレストラン、廻りには何もない為、ここで夕食

 

f:id:YASU1964:20190331102829j:plain

 ハンモックもいい感じ

f:id:YASU1964:20190331173817j:plain

プライベートビーチ?

コテージのレストランで夕食は済ませました

翌日はバンバオのフェリー埠頭を観光

f:id:YASU1964:20190331174330j:plain

f:id:YASU1964:20190331174434j:plain

ダイビング、釣舩

 11時にバンパオ出発

f:id:YASU1964:20190331174539j:plain

峠から見たホワイトサンドビーチ

フェリー埠頭に近づくとフェリーに乗る車が渋滞。
ここは横をすり抜けフェリーに横入り、どうやらバイクは車の入らない隙間に積むため
並ばなくても優先的に乗せてくれるようだ

f:id:YASU1964:20190331175844j:plain

 

 

f:id:YASU1964:20190331180916p:plain

フェリーを降りて3156号線を進み3号線を左折しばらく走り途中のセブンイレブン
カップラーメンで昼食、3149号線を左折4036号線、海岸線へ向かう

f:id:YASU1964:20190331181453j:plain

途中きれいなビーチで休憩 レンシンビーチという名前らしい?

ひたすら4036号線を海岸沿いに西へ走る

タイツーリング パタヤからチャーン島へ行ってきた①

パタヤからチャーン島へバイクで行ってきました

セントレアから出発

連休の為かたくさんの人で混雑していました

f:id:YASU1964:20190330183238j:plain

セントレアの税関も昨年より顔認証となりスムーズになりました

迷わずサクララウンジでおなじみのカレーで朝食を

f:id:YASU1964:20190330183947j:plain

前回プーケットで借りたヘルメットはボロボロだった為、今回は持参!

HJCのヘルメット amazonで新品買いました

ヘルメット持って空港内では隣の人にテロリスストを見るような視線感じました

f:id:YASU1964:20190330191202j:plain


バンコク スワンナプーム国際空港に到着

地下のエアポートリンクの駅の近くのValue Plusで両替

ここはタニアスピリッツ並みのレートです

円が下がってます1万円=2,835TB、5万円両替

パタヤ行きのバスに乗るため空港の1Fへ

f:id:YASU1964:20190330194049j:plain


パタヤ行きのバス何と17時発までありません1時間半待ちです。パタヤ行きバス120TB

 時間つぶしに隣のフードコートへ。チャーハン+ビールで時間つぶし、一緒の飛行機の

JALのCAもフードコートで食事。バスに乗り2時間でパタヤ到着セントラルパタヤで下

車、すぐにモーターサイのお兄ちゃんが営業に、値切ったがNGあきらめてモーターサ

イに乗車、まさかのここでHJCヘルメットデビュー?? 

なぜか運ちゃんなぜかカメラ目線 

f:id:YASU1964:20190330203914j:plain

 ビーチロードのソイ13/2へ

ビーチロード ソイ13/2のバイク物色していたらおっちゃんが営業してきた。
CB650F、Z800、CTX700 1200TB/day交渉したが安くならないあきらめてホテルへ

 

f:id:YASU1964:20190414221136j:plain

近くのMAX HOTELで宿泊。夜中某商社の支社長O氏と友達Y氏、朝には運び屋M氏到

着。朝昨日の店で4人で交渉1000TB/dayに値切った。

一人1,000TBのテポジット(なぜか僕だけパスポートも預けさせられました)
自分はCB650F、O氏、M氏はZ800、Y氏CTX700を借りる

 

 

f:id:YASU1964:20190414221517j:plain

f:id:YASU1964:20190414221619j:plain

 CB650R

 

f:id:YASU1964:20190414221707j:plain

スマホフォルダー取り付けチャーン島へ向け出発!!


チャーン島のフェリー乗場 ナチュラルベイ埠頭まで約250Km

f:id:YASU1964:20190414222507p:plain

16時にはナチュラルベイ埠頭に着きたいが


休憩入れて6時間程か?